故人様の遺品には、この世に生まれて生きてきたさまざまなメッセージが残っていると思います。遺品を整理していますと、一人一人の生き様や、人生そのものが伝わってきます。故人様にとって、どんな意味のある物だったのか、どんなに大切な物だったのか、簡単には処理できない、とても重みのある物だと感じています。
遺品をご遺族様が受けとられた時に湧く感情は、何ともいえない気持ちになり、遠い昔のかすかな記憶を思い出し、しばらく思い出に浸る時があるでしょう。故人様だけでなく、ご遺族様との思い出にも繋がっていきます。数々の思い出を残した遺品をご遺族の気持ちになり、私たち「アイティーエコロジーサービス」の遺品整理士が丁寧に、かつ迅速に整理をし、しっかりと供養をさせていただきます。
“イノチ”と向き合うこと、共に“生きる”ということ、そのために、遺品整理士の存在意義があります。 ご遺族様が今後、前を向いて進めるように、私どもはお手伝いをさせていただきたいと思います。
また、大切にされていた「人形」や「ぬいぐるみ」も、感謝の気持ちを込めて供養をさせていただいております。

遺品整理の事例

~お母さんが亡くなって5年・・・~

転勤で引っ越すことになり、実家を処分することを決断しお母さんが亡くなって5年、何一つ手をつけてなかった、遺品を整理することにしたそうです。
仕事がら、シフトもあり不規則な就業形態ということで、ゴミ出しもできずに溜まってしまったようです。今回から3回に分けて①ゴミの処分②遺品整理&引っ越し荷物をまとめる③引っ越し という手順で進めることに・・・。
今回は溜まったゴミの処分をさせていただきました。可燃性ごみをパッカー車へ、不燃性ごみ、及び有価物を2tトラックに積み込み、2台の処分作業でした。
依頼者様からも、「これでタンスの引き出しもチェックできて、整理ができる」と大喜びでした。

今回の料金は、引越しも含めて¥310000(税別)でした。