群馬県高崎市 実家がゴミ屋敷状態で片付けができません・・・

2018年2月3日


群馬 断捨離

断捨離とは、不用なものを減らし、生活に調和をもたらそうとする思想で「断行」「捨行」「離行」を応用して、:入ってくるいらないものを断つ、:家にずつと置いてあるいらないものを捨てる、:物への執着から離れる、

として不用なものを断ち、捨てることで、物への執着から離れ、自身で作り出している重荷からの解放を図り、身軽で快適な生活と人生を手に入れることが目的。


あなたならどうしますか?

近くに暮らす娘さんからの相談で、高崎の実家がゴミ屋敷状態で、自分たちではとても手に負えないという・・・

実際に伺ってみると、お話の通り、プロの助けが必要な案件です

両親の高齢化

高齢でゴミ出しすらできなくなり、やむを得ずゴミが溜まってしまい、そのうちにその状態にも「慣れ」てしまうと何の違和感もなくなってしまう・・・

今回の事例もそんな感じで積もっていましたが、捨てられない、もったいないという意識が垣間見られる現場です。買い物好きで商品が包まれていた包装紙や紙袋が丁寧に紙袋にしまい込んであり、また、愛読した書籍も丁寧に段ボール箱に梱包されているものが、ごみの下から続々と登場してきました。

書籍だけで何と5㎥を超す量が家の中に寝ていました。もったいないと取ってあったものの処分だけで5万円以上・・・果たして「もったいない」は意味があるのでしょうか?

今回は依頼者である娘さん立合いで、一緒に頑張っていただきました。そのかいあってか、必要品や貴重品、思い出の品が多数発見され、娘さんも一安心の様子でした。

今回は遺品整理も兼ねて実施されており、権利書などの重要書類も発見できました。

外回りの処分品

画像のほかにも、家のそとには処分対象品が沢山あって、これにも悩まされておりました。弊社では外回りの片付けも得意分野ですから、難なくクリアーいたしました。

余談ですが、今回の案件でも他社と相見積りだったのですが、実は弊社のほうが見積額は高額でした。しかし、お客様に信頼していただき、受注することができました。誠実な対応と、しっかりとした見積りフォームで説明させていただき受注となったのですが、他社の乱暴さにはあきれてしまいます。手書きで書きなぐったような見積書に、遺品整理であることの認識の無さから来るのか平気で遺品を「ガラクタ」と表現する内容の見積書でした。こうした低レベルの業者が蔓延ってしまっている現実に、遺品整理士の資格を取得している業者としては、心が痛みます。

その後の対応

こちらの家は解体してしまうそうですが、再利用する場合は、片付け、リフォーム工事が必要で、これらの費用を考えると、断捨離をきちんとやる必要がありますね。