貸家の家財品をすべて片付けて欲しい 群馬県 前橋市

2016年3月9日

ソーシャルワーカーのKHさんからのお電話は、入院中の患者さんが住んでいた貸家を空けなくてはならないということで、中の家財品やゴミを全て片付けて欲しいとのご依頼でした。

部屋は2Kで、男性の一人暮らし、衣類や新聞、使っていた家電品などが置かれていましたが、驚いたのは筋トレ用のダンベルなどが各部屋に置かれてどこでもトレーニングできる状態になっていました。入居していたMSさんは、かなりの筋トレ好きと思われました。

作業は2名体制で、不燃物・可燃物、衣類・家電品などを分別しながら行い、できる限りリサイクルやリユースに対応できるよう積み込みを行い、3時間余りで完了いたしました。

IMG_8174 IMG_8176

 

 

 

 

 

 

IMG_8177

ちなみにこのようなケースを「社会福祉整理」といい、施設や病院から依頼されるケースがとても多いです。弊社では、このような社会福祉関連の仕事を多く請け負い、大サービス価格で対応させていただいておりますのでお気軽にご相談ください。

IMG_8180 IMG_8183

今回のご担当のKHさんからも、「短時間でこんなにきれいになるなんて・・・」と驚きと感謝の言葉をいただきました。今回も少しは世の中の役に立つ仕事ができたかな・・・^^